平成15年9月6日  源泉まで行けなかった 日本水紹介 日本名水百選    
TOPに  写真集  旅行写真  川越祭り  粟野町  更新記録  自己紹介  質問  ひとり言  更新中  今日のひと言 旅日記

日本水は埼玉県寄居町にあり、山を越えると秩父に行ける山越えの道の途中にあります。 やまと水と呼ばれ近郊の多くの人たちから知られ、愛され飲まれています。その中でマナーの呼びかけが当地に行きますと書いてありますので、ここでその看板の内容を書いておきます。車で汲み場まで行けますので、毎日賑わっています。人によってはワゴン車一杯に容器を積んで汲んで行かれます。どうぞ近所、持ち主や管理されている方の好意を無にしないようにしたいものです。


崩落の危険があるのでこれより中には入らないで下さい とたて看板があり残念ながらここまで!!
上の看板内容です
地元からのお声がけ
最近強く感じることは容器のすすぎが非常に多い事です。水も無駄になります。〔水が簡単にここまで来ているような発言もあるようですがそんなものではありません〕私達がたゆまず管理のもとに確保されている水なのです。節水にも充分考慮されてお持ち帰りをお願いします。
尚渇水や導水官〔約1000m〕の老朽にもより断水することもありますのでその時はご了承頂きたいと思います。
  平成15年7月吉日  水汲み場管理人
              山ん中の、、、
各位へ
●どうか志納金を忘れずに頼みます。
●話によると多量に持ち帰る方ほど志が薄いと言われております給水単価は決して低くはありません。


ここには地元のおばちゃん達が交代で勤務し、おいしいおそばや、まんじゅうを売っていました。中でも、しいたけの乾燥はすばらしい、安くて美味い上質の日本産天然干しが、ここには何気なく、重ねて売ってました。

風布館(ふっぷかん と読むそうです)の中には歓迎文字あり「山里風布へ良く来てくれたむし」

風布館の水車小屋、この下には澄み切った
流れの風布川が流れています