録字様 

録字様
田舎の街々には大小いっぱいの神様がある。 まだ、ひと桁の年齢だった頃の話である 近所の子供たちと春のはじめに録字様という神社にまつりがあると言うので5.6人で行った
子供の足ではかなり遠かったと思うのだが、現在、車で町の外れの録字様まで5分も乗らずに着くのだが、、、。
近道があるというので年長の子の道案内で畑、田んぼの道を歩く事かなりの時間、そのうち、もう少しで着くと思われる頃

遠くから母の姿が見えたのである、どうやら心配で追いかけてきたようである。 その時の記憶はそれ程疲れた記憶はなく、せっかくここまで来たのだから録字様まで行きたかったのである。
母は私が赤い顔をして歩いていたようで「湯気立てたように赤くなって、、、」と言ってほっとした感じか見てとれたように覚えているが、その足で家に連れ戻された。
それでこの思い出は終わりなのだが、、、。2010・4・19