思い出ボロボロ

 子供の頃の懐かしい思い出を、これから年を重ねて忘れないようにココに書き留めて置こうと思い、拙い文章を並べました。厚かましく発信した私の ボロ、ボロ、ボロと思い立って書き留めたつまらない思い出話です。

 さて記憶というのはとても曖昧なもので、その時の状況は覚えていながら、その状況の前後は覚えていないものなのです。私は東京の中野で生まれた。まだ3歳と何ヶ月という時の思い出で64歳になった今でも忘れない事があるのです。それは、今まで何回もその時の状況が夢の中で現れるのです が その時、その時で夢の中で物語が微妙に違ってくるのです。

思い出の中味は
 「近くのお姉さんと何人かで新井薬師に遊びに行って、帰りに小さなお店で、髪の毛の長いお姉さんから泥人形をもらった。帰宅すると母に盗んで来たと思い違いをされて玄関入って左側の部屋で叱られた」と、これだけの簡単な思い出なのです。

 泥人形がどんなものなのかも知らない。ただ泥人形という言葉だけで覚えているのだ。その話を14,5歳の頃に母に話したのだが、記憶にないとのことであったが何日かして思い出したかのように
「何アレは盗ってきたんじゃないのか、!貰った、貰ったと本人は〔私のこと〕言うけど、一緒に行った子に聞いたら何だか曖昧だったような気がする」と言うのである、10年位前の出来事の汚名を晴らした一瞬でしたが、、、、。

 印象に強い部分だけ記憶にあるのか、とすると「髪の長いお姉さん」「泥人形」という言葉「玄関脇の部屋」「叱られた事」。
 星がやたらと綺麗だった事や、寒さや暑さ、大雨に降られた事、悲しかった事、驚いた事などそれが、年々歳を重ねる毎に、その時の状況で計算して心に焼き付けていくのか?時間がその思い出を増幅させて良にも悪しきにも膨らんで行くのかなどと、理屈っぽい事を考えながら今、キーを打っている おばさん です。

そんな時々の思い出を書き綴ったページです。

興味がありましたら読んで下さい。