開墾

開墾
昭和19年に我が家は栃木県の田舎に疎開した
東京はそのあくる年に戦災にあって大変な被害があったが我が家の住んでいた中野区新井町はその戦災を免れた。
さて、その田舎は会社自体が疎開したのでその会社に付いて行ったのであるから知る人など一人もいないのである。

会社関係の人から開墾用の山の麓を何人かの人達と開墾をしたのである。生産物の何割かを借主に支払う約束だったらしい。
その当時父の母、私には祖母に当たるのだが東京の叔父の家にいたが戦況が悪くなり我が家に従兄を連れて同居(疎開)していた。
従兄は祖母の実家にいたが、あまりに実家の子供との食べ物に差があるので可哀そうでいられないとの理由である。

開墾用の畑はおそらく100坪はあるだろうと思うくらい大きな畑に思えた。大きな川を渡って二股になった川のほとりにその畑はあった。
祖母と父はその畑に行くと母は弁当をやお茶を持って行くので、まだ一人しか(私しか)子供がいない母は私の手を引いて行く、子供の事で遠い道のりの記憶がある
ただそれだけの思い出なのだが、歳を重ねて懐かしく思う。

その開墾畑の川の二股になった位置は、なんとテレビの昔物語で「さいかちの木」の物語の場所だったのである。その木が町の洪水をふせいた昔話である。
どうして知ったか?
それは夫が昔、あそこの川の二股のとこに「さいかちの木」があったと言うのだ。真偽のほどはわからないがどうやら本当らしい、だって物語には近くの「録事様」の話や粕尾という地名させも出てくるではないか!!

だから一層の事、その録字様に思い出が深いのである。
なんと なんと、驚くなかれ4・26日に何んとなく さいかちの木と粕尾で検索したらその昔話に出くわしたのである。「かみなり様の病気」という題であったのだ、こりゃ驚いた
驚きついでにアドレスを残す(この文章には録事様はないが、昔話は伝承のようなものなので何時の間になくなったのか、文章をまとめた作家によっても細かいところは違ってくるものと思う
が近くには録事様という寺があるこれもまた検索したら常楽寺という寺であった。
少し感激した次第だ!!)
http://hukumusume.com/douwa/kusuri/jap/07/14.htm
2010年平成22年4月19日