ブリザードフラワー ブリザードフラワー ブリザードフラワー
ブリザードフラワー〔加工によって何色にも染まるのだそうです〕 この会場で2番目に綺麗だなと思ったバラ、少しボケましたので、加工をしました。 ブリザードフラワー
ブリザードフラワー ブリザードフラワー バラの花ビラが一枚で何枚も重なり合っている綺麗な花びら
マチルダ、綺麗な色合いです 一枚の花ビラが一枚、一枚丹念の広がっている真っ赤な情熱的 黄色の小さなバラ
この会場で1番綺麗だと思ったバラ
切花部門にあった賞をとった花瓶にあるバラ バラの盆栽 バラの盆栽
デザイナーズガーデン奥に広がりを見せる緑が良いガーデン 鏡の向こうに誰かいるね。!! 南仏フロバンスをイメージした庭
このコーナーの花達は連れて返りたいくらい程の良さがありました。 気に入りましたのにピンぼけでした
気がつかないくらい小さな花、でもすっごく可愛い
花達よ、と抱きしめたくなるほど可愛いね! 兎に角見た事のない花が多かったです
西武ドームの天井が見えました 庭で手入れ中、くつろぐ風景を模して作ったようです
蛍袋のような花です バラ展での蘭の花
水の中で、浮きながら生きている「浮き草」
初めて見ました。この綺麗さはやっぱりプロが育てた花だと思いました
この会場で一番背の高い木でした。薄紅色の桜のような花を付けて香りがありました

バラとガーデニングショウのバラを飾る脇役の花達

 ここでの草花は主役の花達〔ばらやガーデン〕を飾るための脇役の花たちですが、私には此方のほうが興味があり目を惹かれました。何気なく足元や脇の小さなスペースに植えてある草花達は自分の役割を心得ているかのように、威張らず目立たず、何かの標語になるような、ひかえ目にそっと出番を待っているかのように見えました。

第6回国際バラとガーデニングショウ
平成16年5月15日西武ドームに行く

今回はブリザードフラワーが多く出展されていました。又専用デザイナーが居られるのには、驚きました。私は最近その花の加工の事を知ったばかりでしたので、今年は母の日に娘からその加工したカーネーションを貰って触ってみたり匂いをかいで見たりしましたが、何とも不思議なもので、生でなく、ドライでなく柔らかさがあり、説明には、保存状態によっては、1、2年は持つそうです。今年のテーマのシンボルガーデンは「南仏フロバンスの庭」で緑が一杯で落ち着いたコーナーが多かったと思います。家族三人で93歳のおばあちゃんからお昼のお弁当をご馳走になりました。